NHKの連続テレビ小説(通称「朝ドラ」)「なつぞら」が4月1日から放送を開始しました。

今回の「なつぞら」は、朝ドラが始まってから記念すべき100作目ということで、キャストは過去の朝ドラをしのぐ豪華さになっています。

今回は「なつぞら」の十勝編でのメインキャストをご紹介していきます。

目次

スポンサードリンク

主人公・奥原(おくはら)なつ役:広瀬すず(ひろせ すず)

生年月日:1998年6月19日(20歳)
出身地:静岡県静岡市清水区
デビュー年:2012年

記念すべき100作目の朝ドラヒロインは、絶大な人気を誇る若手女優・広瀬すずさんです。

新人女優が主演の場合はオーディションで決まりますが、広瀬すずさんの場合はオファーを受けた形なのだそうです。

広瀬すずさんを起用した理由について、「なつぞら」の制作統括・磯智明氏は

東京オリンピックを控えて、何をやろうかと脚本家の大森さんと議論を重ねてきまして、夢や希望に向かって突き進む、困難にも負けないという連続テレビ小説の“原点”にたつようなヒロイン像を描いていきたいと思った

引用:広瀬すずなら「成功できる」 朝ドラヒロイン起用理由は?NHKが寄せる期待<夏空>(モデルプレス)

と説明しています。

スポンサードリンク

奥原咲太郎(おくはら さいたろう)役:岡田将生(おかだ まさき)

生年月日:1989年8月15日(29歳)
出身地:東京都
デビュー年:2006年

岡田将生さんは意外なことに今回が朝ドラ初出演。

妹であるなつと生き別れたあと行方不明になったり、なつをトラブルに巻き込んだりするという今までにはない役どころを演じます。

コミカルな演技にも定評がある岡田将生さんですので、どんな演技をするのか期待できますね。

スポンサードリンク

佐々岡信哉(ささおか しんや)役:工藤阿須加(くどう あすか)

生年月日:1991年8月1日(27歳)
出身地:埼玉県所沢市
デビュー年:2012年

工藤阿須賀さんはなつの幼なじみ・佐々岡信哉役を演じます。

信哉は幼い頃になつと生き別れたあともなつを探し続けましたが、第一回目の放送では東京からなつに会いに来たシーンが放送されました。

「なつの運命を左右する人」とされ、第一回目から出演したことから重要人物であることは間違いありません。

柴田剛男(しばた たけお)役:藤木直人(ふじき なおひと)

生年月日:1972年7月19日(46歳)
出身地:岡山県倉敷市
デビュー年:1995年

藤木直人さんは初めての朝ドラ出演です。

戦死したなつの父と友人だったことからなつを十勝に連れてきた心優しい男性・柴田剛男を演じます。

しかし、婿養子で、義理の父・柴田泰樹に対しては頭が上がらない弱々しいところもあるという役どころです。

柴田富士子(しばた ふじこ)役:松嶋菜々子(まつしま ななこ)

生年月日:1973年10月13日(45歳)
出身地:神奈川県横浜市
デビュー年:1991年

松嶋菜々子さんが演じる柴田富士子は、突然夫が連れてきたなつを自分の娘のように優しく育てる愛情あふれる女性です。

今回の「なつぞら」は歴代の朝ドラヒロインが出演することで話題になっており、松嶋菜々子さんもその中の一人。

1996年に「ひまわり」で朝ドラのヒロインを務めており、今回朝ドラ出演は2回目です。

柴田泰樹(しばた たいじゅ)役:草刈正雄(くさかり まさお)

生年月日:1952年9月5日(66歳)
出身地:福岡県小倉市
デビュー年:1970年

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で再ブレイクした草刈正雄さん。

今回は、なつが暮らす柴田牧場の経営者で、頑固な性格の柴田泰樹を演じます。

はじめはなつに冷たく当たっていた泰樹でしたが、なつへ厳しくも優しく接する様が視聴者の間で感動を呼んでいます。

今後のなつと泰樹の関係性に注目ですね。

柴田照男(しばた てるお)役:清原翔(きよはら しょう)

生年月日:1993年2月2日(26歳)
出身地:神奈川県
デビュー年:2013年

ネクストブレーク俳優として大注目されている清原翔さんはモデルとしてデビューしましたが、現在は俳優としても活躍中。

LDHのアーティストや俳優が多数出演することで話題の映画「PRINCE OF LEGEND」などに出演してます。

今作ではなつがお世話になる柴田家の長男役を務めますが、この役がきっかけで大ブレイクするのではとみられており、期待が高まりますね。

柴田夕見子(しばた ゆみこ)役:福地桃子(ふくち ももこ)

生年月日:1997年10月26日(21歳)
出身地:東京都
デビュー年:2016年

福地桃子さんは俳優の哀川翔さんの娘ということでデビュー当時はバラエティー番組で話題になりました。

現在は女優としての実力が認められ、2019年2月には映画「あまのがわ」で初主演を務めています。

「なつぞら」出演をきっかけに、さらに女優として活躍の場を広げるのではないでしょうか。

戸村悠吉 (とむら ゆうきち):小林 隆(こばやし たかし)

生年月日:1959年8月20日(59歳)
出身地:埼玉県川越市
デビュー年:1988年

三谷幸喜さんの劇団「東京サンシャインボーイズ」出身のベテラン俳優で名脇役の小林隆さん。

朝ドラは2010年の「ゲゲゲの女房」以来二回目の出演となります。

柴田牧場で働く従業員・戸村悠吉役を務めていますが、そのキャラクターから視聴者の間では「癒される」と話題になっており、注目の役どころとなっています。

戸村菊介(とむら きくすけ):音尾琢真(おとお たくま)

生年月日:1976年3月21日(43歳)
出身地:北海道旭川市
デビュー年:1996年

2017年のTBSドラマ「陸王」で陸上部監督・城戸明宏(きど あきひろ)を演じ話題となった音尾琢真さんは、大泉洋さんらが所属する北海道の演劇ユニット・TEAM NACSのメンバーでもあります。

音尾さんはここ数年ドラマや映画への出演が増えてきており、「なつぞら」出演をきっかけにさらに俳優として活躍の場が広がるのではないでしょうか。

小畑雪之助(おばた ゆきのすけ)役:安田顕(やすだ けん)

生年月日:1973年12月8日(45歳)
出身地:北海道室蘭市
デビュー年:1993年

音尾さんと同じくTEAM NACSのメンバーで、現在数々のドラマや映画に出演している安田顕さん。

和菓子職人の役を演じますが、朝ドラは2008年の「瞳」以来二回目となります。

安田顕さんは真面目な役からコミカルな役まで幅広く演じることに定評がありますが、どのような性格の職人さんを演じるのか期待されますね。

小畑妙子(おばた たえこ)役:仙道敦子(せんどう のぶこ)

生年月日:1969年9月28日(49歳)
出身地:愛知県名古屋市
デビュー年:1980年

仙道敦子さんは1980年から90年代にかけて活躍した女優で、結婚を機に女優業を休止していました。

しかし、2018年から本格的に女優復帰しており、今回は2018年のTBSドラマ「この世界の片隅に」以来二作品目の出演となります。

「なつぞら」への出演によって、仙道敦子さんを知らない若い視聴者の間でも、仙道敦子さんの女優としての魅力が知られることになるでしょう。

小畑とよ(おばた とよ)役:高畑淳子(たかはた あつこ)

生年月日:1954年10月11日(64歳)
出身地:香川県善通寺市
デビュー年:1976年

高畑淳子さんは2009年の「つばさ」以来二回目の朝ドラ出演となります。

2016年に息子である高畑裕太さんが女性への暴行問題で逮捕されたことで一時は女優業を休止していた高畑さん。

現在では実力派女優として多くの作品に出演しており、今後の活躍にも期待されます。

小畑雪次郎(おばた ゆきじろう)役:山田裕貴(やまだ ゆうき)

生年月日:1990年9月18日(28歳)
出身地:愛知県名古屋市
デビュー年:2010年

山田裕貴さんは若手俳優グループのD-BOYSに所属しており、現在「カメレオン俳優」とも呼ばれ人気急上昇中のイケメン俳優です。

なつの親友役ということで出演機会が多いと思われます。

カメレオン俳優の演技に期待が高まりますね。

山田正治(やまだ せいじ)役:戸次重幸(とつぎ しげゆき)

生年月日:1973年11月7日(45歳)
出身地:北海道札幌市手稲区
デビュー年:1993年

戸次重幸さんは、音尾琢真さん、安田顕さんとともにTEAM NACSから出演しています。

北海道が舞台ということでTEAM NACSのメンバーが選ばれているというのもありますが、戸次さんは2018年のフジテレビ系「グッドドクター」などに出演し、近年注目されている俳優です。

今作でも視聴者を魅了する演技を見せてくれることでしょう。

山田タミ(やまだ たみ):小林綾子(こばやし あやこ)

生年月日:1972年8月11日(46歳)
出身地:東京都
デビュー年:1979年

小林綾子さんは1983年の朝ドラ「おしん」に11歳にして主演し、以降女優として活躍してきた大ベテランです。

「おしん」は世界中で人気がある作品で、NHKの朝ドラを代表する作品と言っても過言ではありません。

今作は朝ドラ100作目ということで過去の朝ドラヒロインたちが多数出演しますが、小林綾子さんは欠かすことのできないメンバーとして選ばれたのでしょう。

山田天陽(やまだ てんよう):吉沢 亮(よしざわ りょう)

生年月日:1994年2月1日(25歳)
出身地:東京都
デビュー年:2009年

ヒロイン・なつはアニメーターを志すようになりますが、そのきっかけになったのが吉沢亮さん演じる山田天陽です。

吉沢亮さんは朝ドラ初出演ながらとても重要な役を演じるということになります。

また、圧倒的なビジュアルを朝から見られるということで視聴者の間でも期待が高まっており、初出演の回を心待ちにしている視聴者が多いようです。

山田陽平(やまだ ようへい):犬飼貴丈(いぬかい あつひろ)

生年月日:1994年6月13日(24歳)
出身地:徳島県
デビュー年:2013年

犬飼貴丈さんは、2017年にテレビ朝日系「仮面ライダービルド」で主演を務め、現在人気急上昇中の俳優です。

吉沢亮さん演じる天陽の兄・陽平を演じますが、なつにアニメを教えるという重要な役どころとなり、出演回数が多いと思われることから、犬飼さんのファンの間ではさらなるブレイクが期待されています。

阿川弥市郎(あがわ やいちろう):中原丈雄(なかはら たけお)

生年月日:1951年10月19日(67歳)
出身地:熊本県球磨郡湯前町
デビュー年:1982年

ベテラン俳優の中原丈雄さんは、これまで数多くの作品に出演しています。

朝ドラに関しては、1996年の「ひまわり」、2003年の「こころ」、2007年の「どんど晴れ」、2011年の「おひさま」、2014年の「花子とアン」と、なんと今回で6作品目となっており、朝ドラの常連と言っていいでしょう。

ときに悪役や頑固な役を演じることもある中原さんですが、今回はなつを助ける役ということで、どのような人柄を演じるのかが期待されます。

阿川砂良(あがわ さら):北乃きい(きたの きい)

生年月日:1991年3月15日(28歳)
出身地:神奈川県横須賀市
デビュー年:1991年

2016年に日本テレビ系朝の情報番組「ZIP!」を卒業後、舞台を中心に活躍していた北乃きいさん。

地上派での連続ドラマは久しぶりとなります。

2007年に日本アカデミー賞新人俳優賞など4つの賞を受賞したり、2015年にミラノ国際映画祭の助演女優賞にノミネートされたりと、もともと女優として高く評価されていただけあって安定した演技を見せてくれるでしょう。

居村良子(いむら よしこ):富田望生(とみた みう)

生年月日:2000年2月25日(19歳)
出身地:福島県いわき市
デビュー年:2012年

富田望生さんは映画初出演となった映画「ソロモンの偽証」をきっかけに一気に注目を浴びました。

2019年の日本テレビ系ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です―」などの話題作へも出演しており、ブレイクしたと言ってもよいのはないでしょうか。

今作ではなつのクラスメイトという役どころですが、これまで同様味のある演技を見せてくれるでしょう。

花村和子(はなむら かずこ):岩崎ひろみ(いわさき ひろみ)

生年月日:1976年11月23日(42歳)
出身地:千葉県八千代市
デビュー年:1977年

岩崎ひろみさんは1996年の朝ドラ「ふたりっ子」でヒロインを務めました。

「ふたりっ子」の最高視聴率は31.9%となっており、大ヒットした作品です。

先に述べた小林綾子さんと同様、岩崎ひろみさんは朝ドラヒロインを語る際に欠かせない存在だと言えるでしょう。

倉田隆一(くらた りゅういち):柄本 佑 (えもと たすく)

生年月日:1986年12月16日(32歳)
出身地:東京都
デビュー年:2003年

「なつぞら」の前作「まんぷく」に妻の安藤サクラさんが主演した柄本佑さん。

これまでにも朝ドラに出演しており、2010年の「ゲゲゲの女房」、2015年の「あさが来た」に続いて3作品目となります。

なつが所属する演劇部の顧問という役どころですが、理屈っぽいところがあるなど個性的な役を演じるようです。

どのようなキャラクターなのか楽しみですね。

ナレーション、なつの父親:内村光良(うちむら てるよし)

生年月日:1964年7月22日(54歳)
出身地:熊本県人吉市
デビュー年:1985年

「なつぞら」のナレーションはウッチャンナンチャンの内村光良さんが務めます。

なつへの暖かい語り口がいいと評判になっていましたが、なつの亡くなった父親がナレーションをしている設定だったことが判明しました。

今後、ナレーションだけではなく劇中に出演する可能性もあるのではないでしょうか。

まとめ

NHK朝ドラ「なつぞら」に出演するキャストをご紹介しました。

これだけでも豪華な顔ぶれとなっていますが、東京編の出演者も豪華なキャストばかりとなっています。

朝ドラ100作目にふさわしい出演者たちの演技に期待しましょう。