夏の甲子園の中止が決定しましたが、多くの方が泣いているでしょう。

夏の甲子園中止が決定したことは、戦後初の出場中止となります。

そこで今回は、夏の甲子園中止で泣くのはだれ?についてまとめてみました。

スポンサードリンク

夏の甲子園の中止が決定し戦後初となる

日本高校野球連盟は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会について、地方大会も含めて中止することを決めた。大会の中止は戦後初。今春の第92回選抜高校野球大会も史上初めて中止となっている。また、今夏の全国高校軟式野球選手権大会も史上初の中止が決定した。

日本高野連は、感染防止対策として、無観客開催や開会式を行わないことなども検討したとしたうえで「開催期間が2週間以上に及ぶこと、代表校が全都道府県から長時間かけて移動することなどを考慮すると、感染と拡散のリスクが避けられない」と理由を説明。地方大会についても、休校や部活動停止などが長期間に及んでいることを挙げ、十分な練習を積めていないことによるけがのリスクや学業の支障になりかねないことから実施は困難と判断した。

引用元:https://mainichi.jp/koshien/articles/20200520/k00/00m/050/142000c

動画ではこちら ↓

コロナの影響で春の選抜高校野球が無くなり夏の甲子園、高校野球も中止、かわいそうだな~、無観客で出来なかったか~スポーツが出来ないのがめちゃめちゃさみしいな~

誰もが高校3年間の甲子園を目標にして全力で取り組んでいたでしょう。

大きな目標が失われるのは、言葉に表せないものがあります。

甲子園がなくなっても高校3年間の野球を続けてきたことは今後の人生に必ず生きてくると思う。

高校球児のことを考えると、つらい思いでいっぱいです。

簡単にコメントできることではないですが、ここまで頑張ってきたことは決してムダにはならないと思うので、くじけることなく、将来を考え常に前を向いてほしいと思います。

なんといって励ましたらよいか言葉が見つからない!

ネット上の意見はこちら

 

スポンサードリンク

夏の甲子園出場中止で泣くのはだれ?

夏の甲子園出場中止で泣くのはだれでしょうか?

夏の甲子園開催中止決定か・・・
非常に残念・・・
と言う事は戦後初となるのか・・・

ここまで戦って来た球児達が・・・

子供の頃から夢だった・・・

辛い苦しい特訓も耐えて来たのに・・・

3年の球児達にとっては最後なのに・・・
ショックと悲しみしかないのだろう・・・

ここにくるまで、非常に多くの方がかかわってきています。

本人はもちろんですが、特にご両親や兄弟のご家族が一番泣いたでしょう。

そして監督やそのご家族、高校の先輩後輩、地域の応援者方々。

スポンサードリンク

夏の甲子園の中止が決定し戦後初の出場中止で泣くのはだれ?まとめ

今回は、夏の甲子園の中止が決定し戦後初の出場中止で泣くのはだれ?について紹介してきました。

高校生球児が、かわいそうでした。

4年に一度の東京オリンピックの開催も、来年7月に延期

コロナのせいで、全てが失われた気がしてなりません。