最近、写真集も発売するなど、ブレイク間近の女優・小芝風花さん。
気になる芸能界入りのきっかけや性格、さらには、現在の活躍からは想像もつかない意外すぎる過去まで紹介します。
スポンサードリンク

小芝風花のプロフィール

本名:小芝 風花(こしば ふうか)
誕生日:1997年4月16日
出身地:大阪府堺市
身長:156cm
趣味:お菓子作り
特技:フィギュアスケート
血液型:A型
主な受賞歴:
2011年11月「ガールズオーディション2011」 グランプリ 受賞
2015年2月 第57回ブルーリボン賞 新人賞 受賞
2015年5月 第24回日本映画批評家大賞 新人賞(小森和子賞)受賞
スポンサードリンク

小芝風花の経歴

2011年11月、『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』にてグランプリを受賞し、芸能界デビューを果たした小芝風花さん。
2012年7月には、ドラマ『息もできない夏』で、武井咲さんの妹役を演じ女優デビュー。
さらに2015年2月には、映画版『魔女の宅急便』に出演します。
CM等でも良く流れていましたよね。
ですので、この作品をきっかけに彼女を知った方も多いのではないでしょうか?
この作品では、初出演にして初主演という大役を務め、堂々の演技を披露。
同月には演技が高く評価され、『第57回ブルーリボン賞・新人賞』、『第24回日本映画批評家大賞・新人女優賞』をダブル受賞
2016年には、平均視聴率23.5%を記録した、NHKの大ヒットドラマ『あさが来た』で、ヒロインの娘・千代役を熱演。
さらに、2019年1月からは、『トクサツガガガ』にて連続ドラマ初主演を務め、「特撮オタク」という、これまであまり演じてこなかったジャンルの役を見事に演じ、注目を集めています。
ちなみに「小芝風花」という、いかにも芸名っぽい名前も、実は本名なんです。
スポンサードリンク

フィギュアスケーターだったって本当?

現在は女優を中心に活躍されている小芝風花さんですが、実は芸能界に入る以前は、フィギュアスケーターとして活躍されていました。
それも小学3年生から中学2年までの5年間というから、なかなかの打ち込み様ですよね。
また、その間の2011年には、「第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会」にペアで出場し優勝するなど、かなりの腕前を持っています。
実は2013年に放送されたドラマ「スケート靴の約束 名古屋女子フィギュア物語」では、その華麗な滑りを披露されています。
フィギュアスケーターだったというのはちょっと意外な気もしますが、練習が厳しいことで知られる競技ですから、そこで学んだストイックさなどは、女優業にも生かされてる気はしますよね。

小芝風花は性格が真面目過ぎる?

女優中心に活躍している小芝風花。
そんな彼女の素に近い一面が、自身もMCを務める深夜バラエティ番組『オスカル!はなきんリサーチ』で、垣間見ることができます。
透明感あるルックスに加え、穏やかな性格
笑顔もとても多い方で、見ているこちらまで癒され、明るく元気になれますよね。
また、しゃべると意外にハキハキしており、番組をしっかり切り盛りし、マルチな才能を発揮しています。
ただ、一つ気になるのが、その“真面目すぎる”とも言われる性格です。
どうやら、彼女がドラマや映画で与えられる役もそうした印象を助長しているらしいのですが、元々優等生タイプの性格で、一緒に仕事をするスタッフからの評判はとても良いようです。
だからこそ、自分の殻を破れずに少し伸び悩んでいた時期もあったのでしょうか。
しかし最近は、以前とは違いちょっと突き抜けた役回りも多くなってきていると思いませんか?
特に、現在放送中の『トクサツガガガ』ではオタクを演じ、松下由樹さん演じる母親に“クソババア!”と吐いてみたりと、新たな一面を見せてくれています。

小芝風花の出身高校は?大学はどこ?

小芝風花さんは2016年に、多くの有名人が通うことでも知られる日出高校を卒業されています。
ちょうどこの頃は、「あさが来た」に出演中ということで大きな注目の集まる中での卒業式でした。
またこの時に、今後は芸能活動一本で行くことを表明しています。
ですので、現在は大学には通われていません
芸能活動だけに集中することができたおかげなのか、その後、次々にドラマや映画への出演が決まりましたよね。
現在は主役級の役を演じることも多く、“ネクストブレイク女優”の有力候補のひとりに数えられています。

まとめ

現在、乗りに乗っている小芝風花を紹介しましたがいかがでしたか?
TVで見ない日の方が圧倒的に少ないため、体調面が心配になりますが、彼女の笑顔を見るだけでとても癒されます。
女優としての成長はもちろん、最近ではバラエティー番組でもMCを務め、新たな魅力を見せてくれていますよね。
女優だけではもったいないその才能を、今後も幅広いジャンルで生かして活躍してくれそうな気がします。