2020年に活動を休止すると発表した、日本を代表する人気男性ユニット「嵐」。

ところが、先日のジャニー喜多川氏死去により「嵐」の活動休止が撤回される可能性が高まったというのだ

一体「嵐」の活動休止・撤回の真相とは?そしてジャニーズ帝国にいま、何が起こっているのか??

引用:https://www.johnnys-net.jp/page?artist=10&id=artis…

 

スポンサードリンク

きっかけは「FRIDAY」記事を巡る発言から

引用:https://matome.naver.jp/odai/2139609823270925401/2…

22日(月)付の写真週刊誌「FRIDAY」WEB版で、NHKがジャニーズ事務所のいわゆる「新しい地図外し工作」に関し、公取から行政指導を受けたことを放送関係で初めてスクープした事に対し、ジャニーズ側が今年の紅白歌合戦へのメンバー出場をボイコットする旨通告したとの記事が掲載された。

この記事は一般のネット配信半日前に芸能メディア関係者へ先行して送られるのだが、それを見た元大手芸能雑誌編集長でWEB芸能サイト主催のV氏事務所・所属ライターの方が、直接ジャニーズ事務所へその真偽を確かめたという。

「いやいや(笑)、そんな書かれてるような事単に好き勝手に妄想してるんじゃないですか?」応対したジャニーズ事務所の担当者は、報道に関して一蹴した・・・と、ここまでは何時もどおりだったが、

「(ジャニー喜多川)社長がお亡くなりになり、新体制に移行しようと大わらわなんですよぉ~嵐だって「来年活動休止」何て言ってる場合じゃ無くなったんですからねぇ(笑)。」

ライターの方は敢えて突っ込みをせず、その事実をV氏へ報告したという。

【そうかぁ(笑)ジャニーズもエラいことになってるなぁ】V氏は、思いがけずジャニーズ側から飛び込んだネタにほくそ笑んだそうだ。

スポンサードリンク

「嵐」2020年活動休止の撤回宣言はあるのか?

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/262947

別件でV氏と情報交換をする約束をしており、某日V氏の事務所を訪ねると、ニコニコしながら?嵐の続報を聞かせてくれた。

【それまで引退を前提に活動休止を決断したリーダーの大野智を、ジュリー(藤島)社長が宥めすかしたんだと言われますね。

「嵐」活動停止の真の理由は「大野・相葉のソロ独立問題」です。

メンバーに拘る櫻井・二宮・松潤(松本潤)に対し、大野と相葉はSMAPの顛末を見て「いずれはそうなる・・・そうならない内にさっさと逃げ出して店じまいをしよう」と考えたとことと言われます。

亡くなったジャニー氏は「活動休止にして再開の道筋を付けるなら」と条件付きで大野・相葉の独立に理解を示したと言われますが、ジュリー(藤島)社長が大野と相葉に破格の条件を出して懐柔したのでは?と見られます。

最も残りの三人(櫻井・二宮・松潤)は全く知らないので、もしバレたらそれこそ「嵐」どころではなく「巨大台風」襲来でジャニーズは吹っ飛びますが(笑)、ある意味「黒ひげ危機一髪」状態のジャニーズをゲーノー界で生き残らせるための、ジュリー社長の賭けではないかと見られます。】

取り敢えず、不協和音の元だった大野君を鎮められたジュリー(藤島)社長ですが、問題は「何時のタイミングで「嵐・2020年活動休止」撤回を発表するか」と言う事ですね。

私がジュリー社長の立場なら、来年の紅白歌合戦の場で本人たちの口から発表させたいところですが、これでは「余りに出来レース」バレバレで、かつギョーカイの人達のスケジュールを狂わせるというひんしゅくを買ってしまう・・・。

そこで、来年の東京五輪関係のイベントに参加終了後に発表って線が有力視されています。

「嵐」冠番組の後継企画をまとめる期限が来年の7月末ですから、それまでに間に合わせないと、逆に「嵐」に対するメディアの反発で表に出られなくなる可能性さえあるのです

そう言う点はジュリー(藤島)社長のお出ましでしょうが、「嵐」活動休止撤回を来年までギョーカイの人間に口止めさせるのは至難の業です。

それだけに、ジュリー氏と彼女の側近の身だけが「嵐」絡みのスケジュール管理をやってる様子ですが、今回、関係者の口が滑った所を見ると、一部上層部にも伝えられ、かなり詳細なタイムテーブルが決まっているんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

「嵐」を呼戻さねばならないジャニーズの台所事情

引用:https://enterteinm.com/wp

V氏の解説は続く・・・

実は、ジャニー氏の死後ゲーノー界に留まらず各方面から「マネジメント契約」「業務提携」の終了を(ジャニーズ)事務所が突き付けられているんだそうです

「ジャニー喜多川」の名が信用保証的だったのに対し、メリー(喜多川最高顧問)さんやジュリー(藤島)社長では、信用保証は出来ないとする見方が、次第にゲーノー界で広まりつつあると言っても過言ではありません。

今ジャニーズのメンバーで「嵐」を超える仕事を持って来そうなのは関ジャニ∞キンプリの2ユニットですが、以前お話した通り関ジャニは錦戸の独立問題で大揺れ&キンプリは知名度とインパクトに欠ける・・・

そういう台所事情が故に、「嵐」の活動休止撤回を正式に検討せねばならないのです

牽引役だったSMAP亡き今、「嵐」まで失うことになれば、ジャニーズは正に存亡の危機と迎えます・・・だから「嵐」の育ての親と言われるジュリー(藤島)社長は必死の工作を続けているのです。

社内の幹部級が薄々の裏事情を知り始め、口にしだしたと言う事は、かなりの確率で今秋位には話がまとまりそうですね。】

まとめ

引用:https://note.mu/aiueaiba0/n/nfee149ed26a7

ギョーカイでも一部関係者しか知られていない「嵐」活動休止撤回の情報

果たして、広がっている噂通り「嵐」は活動休止の撤回を発表するのか?それとも予想だにせぬ方向へ動き出すのだろうか??

正しく「嵐」の前の静けさである。