人気ロックグループ「KANA-BOON」のベーシスト・飯田祐馬(めしだゆうま(本名・いいだゆうま/28))が、6月5日を最後に音信が途絶え、家族から警察に捜索願が出されていたが、去る6月15日帰宅したと各メディアが報じた。

一体飯田に何があったのか・・・その騒動の最中「渦中の人」になろうとする人が居る。「幸福の科学」に出家し、世間を驚かせた女優・清水富美加(出家後に千眼美子と名乗る/24)が、元不倫相手の彼を教団へ引きずり込もうとしていたのだ。

スポンサードリンク

「未来の大物女優出家」にひっくり返った日本列島

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018...

清水と言えば、「平成仮面ライダーシリーズ」の出演で人気に火が付き、その後2015(平成27)年にはNHK朝ドラ「まれ(主演・土屋太鳳)」のサブヒロインとして出演するほどの人気女優に成長した。

物怖じせず仕事を選り好みしない性格から「将来の大物女優」と関係者の間で呼ばれていた最中・・・

2017(平成29)年2月11日、清水は突如信者と主張する新興宗教「幸福の科学(教祖・大川隆法)」に出家し、一切の芸能活動から引退すると発表し、ギョーカイ中・・・いや日本列島全体がひっくり返った。

【当時は『所属事務所のレプロの薄給に対して恨みがあった』などとウワサが立って、ギョーカイ中が結構騒ぎになりましてね。】

フリー芸能レポーターのK氏は、当時取材に駆けつけた様子をこう語った。

以前から清水本人や家族から『レプロの給与や扱いに不満がある』と言う声を聴いてたので「まさか」とは思っていたけど、「出家し引退を表明」って情報が流れた時、「あ~ぁやっちまったなぁ」って思いましたよ。

当時清水は、次回作を含めドラマが3本&アニメ声優2本を抱えていて、精神的にも肉体的にも相当参っていた様子でしたね

これ位の売れっ子になって来ると、一本当たりの制作費(ギャラ)が100万越えてどうにかこうにか持つものなんですがレプロから各局に提示の清水の制作費(ギャラ)は半額50万。

制作費(ギャラ)が他の女優の半額とあってオファーが殺到・・・しかも半分をレプロが召上げるから、清水に落ちるのは25万・・・これじゃやってられませんよね。

K氏の話を聞かされ、なるほど当時の清水は「限界一歩手前」と言う状態だったことが分かる。

それにしても、そこから何故KANA-BOON飯田の今回の騒動へ繋がって行くのだろうか?

スポンサードリンク

飯田との許されぬ愛と両親の出家強要に揺れた清水

引用:http://topic-intro.net/?p=2311

K氏は清水と飯田の出会いについてこう語る。

【2015(平成27)年頃に清水がアニメの声優で出演した中で、挿入歌をKANA-BOONが担当し、その経緯で飯田と知り合ったのがそもそもの始まりです。

その打ち上げの席で、酒も入った勢いで二人は意気投合し、飯田はメンバー3人をそっちのけで清水を連れ出し、そのまま夜の街へ。

関係者によると、飯田が帰って来たのは翌日の昼前だったそうで、恐らくその時に関係は結ばれたのだと思われます

その後飯田は、東京で仕事がある時だけでなく、わわざわざ単身上京して清水を呼び出し、関係に及びます。

清水は当時、飯田は独身だと嘘をついていたのを真に受けて、いわゆる「大人の付き合い」と割り切って密会を続けていたそうで、仕事で溜まった不満やストレスを逢瀬で解消していたと言われます。

風向きが変わったのは2016(平成28)年の秋、各週刊誌が一斉に「清水と飯田が密会」と報じ、その中で飯田が嫁&子持ちであることが清水の目に触れた事です。

清水の両親は愕然となり「幸福の科学」の所属教会に相談を持ち掛けます。

その話が廻りまわって、教祖の大川隆法の耳に入り「それなら彼女(清水)を出家させて、教団の教宣部に入れればいい。仕事を含め面倒を見てやると言え。」と清水の両親に本人を出家させるよう説得しろと話が入ります。

話を受けた清水の両親は仰天しますが、この世で最も信じる教祖から頂いた言葉とあっては、四の五と言ってる場合ではなくなり、両親は清水に出家するよう説得します。

もちろん清水は当初「NO」と突っぱねるのですが、飯田との関係での釈明会見や日増しに自分を追いかけるパパラッチの数が増え、ありもしないゴシップに傷ついた清水は、次第に出家を真剣に考える様になります

そして2017年の元旦清水は両親の説得を受け入れ、ラジオ番組の事前収録が終わった同年2月10日深夜、清水は教団の迎えの車に乗り、そのまま大川隆法の前へ連れ出されて出家し「千眼美子(せんがんよしこ)」となったのです

スポンサードリンク

密会復活で飯田に「入信&離婚」を迫った清水

引用:https://kyun2-girls.com/archives/718

清水の出家と相前後し、KANA-BOON飯田も清水との不倫を告白して謝罪・・・二人の関係は終わったと見られていた。

だが、K氏の情報に私は仰天する。

【ところが昨年10月上旬頃に『清水と飯田が都内で密会した』との情報が流れたのです。

清水が教団の宣伝活動で都内の施設に居たところを、突然飯田が訪ねて来たと言うのです。

と言うのも、清水への思いを断ち切れない飯田が、幸福の科学信者である知人を頼って清水の動向を掴み、都内のスケジュールを合わせたうえで、会うチャンスを狙って訪れたそうです。

最初は戸惑った清水でしたが、二人の間で次第に愛が復活し、あっという間にかつての不倫関係が復活したそうです。

当然清水には教団の監視の眼が有って、そう簡単に単独行動できる立場ではありませんが、そこは子飼いの信徒を上手く利用して抜け出し飯田と逢瀬を繰り返したと聞いてます。

幸福の科学信者の関係者によると「飯田は『彼女と一緒に居られるなら、妻と離婚して出家しても構わない』と言っていたらしく、恐らく飯田は交際を進める中で、清水に「教団への入信と妻との離婚」を迫られたんじゃないでしょうか?

と言うのも、前出の幸福の科学信者関係者から『清水と飯田が、飯田が消息を絶った直後に都内の教団施設へ一緒に出入りする姿を見た』との証言を得ています。

もちろんマスコミの取材に幸福の科学・教団広報は否定していますが、証言は複数の信者関係者から得ていますので、ほぼ間違いない話でしょう。

ここで飯田はマジに「入信」「離婚」を考えたのだろうと思いますが、結果帰宅したと言う背景には、教団側・・・特に教祖の大川隆法・・・から圧力が掛かって、帰らざるを得ない事態になったのだと考えられます。

清水との関係についても、ここで完全に断ち切れたと考えてもおかしくないでしょう。

この顛末は、今後きっとどこかのタイミングで表沙汰になるで、その時まで待った方が良いですね】

まとめ

正に「新魔性の女」である清水富美加(千眼美子)・・・飯田はその餌食になる寸前だったと言える。

憔悴しきって帰ったとの報道に、その顛末の哀れさが偲ばれる。