家元制度反対の過激な活動で知られた舞踊家の花柳幻舟さんが2019年2月28日に群馬県安中市の碓氷第三橋梁(通称・めがね橋)の下の歩道で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました。

77歳でした。

警察は事故と自殺の両方の線で捜査をしましたが、遺書がなく所持品のカメラに周辺の風景写真が残されていたことから誤って転落したものとみられています。

この記事では花柳幻舟さんの経歴や過激な活動歴、その後に学問に打ち込んだ経緯などを調べてみました。

スポンサードリンク

花柳幻舟のプロフィール

  • 読み:はなやぎ げんしゅう
  • 本名:川井洋子
  • 職業:舞踊家、女優、作家
  • 生年月日:1941年か1942年
  • 死没: 2019年2月28日
  • ホームページ:「信じて 頼らず」http://hanayagi-genshu.sakura.ne.jp/
スポンサードリンク

花柳幻舟の経歴

旅芸人の娘として大阪市で生まれ、2歳で初舞台を踏む。

旅先々の学校でいじめが繰り返されたため、小学校は低学年までしか通えず。

16才の頃に劇団が解散。様々な職業で生計を立てる。

18歳で結婚し日本舞踊花柳流に入門して1966年に花柳流名取となるが、徐々に家元制度に疑問を抱くようになり、「家元制度打倒」を掲げた運動を単独で行うようになる。

1973年、代表作である創作舞踊「残・情死考」を発表する。

1980年2月、国立劇場内で花柳流創始者初代花柳壽輔(じゅすけ)の孫娘である三代目花柳壽輔を包丁で斬りつける傷害事件を起こして服役する。

1983年、山形県西村山郡西川町に「花柳幻舟人民劇場」を建設。

1990年11月、天皇陛下即位の礼の祝賀パレードで爆竹を投げたことで道路交通法違反犯で逮捕。翌1991年に4万円の罰金の支払いを拒否して東京拘置所で20日間服役した。12月には拘置所での待遇を不服として国を相手取り損害賠償訴訟を提起した。

1995年、放送大学入学。

司法試験勉強のために大学生活を3年間中断する。

2004年3月に放送大学を卒業。卒業論文は「メディアの犯罪、その光と影」。

その後は執筆活動や講演会をこなした。

また、1960年台後半から女優としても活躍し、映画・ドラマ・舞台に数多く出演した。ロマンポルノ作品では大胆な濡れ場も披露した。

2019年没。

 

上記のように幻舟さんは波乱万丈という言葉だけでは足りないほどの過激で挑戦的な人生を送っています。

 

スポンサードリンク

花柳幻舟が主張していたことは?

センセーショナルな言動を繰り返し、その度にマスコミを振り回してきた幻舟さんですが、それらの主張をまとめて振り返ってみましょう。

左翼的主張を行うようになったのは 1966年から始まった三里塚闘争の頃で、ファンの学生に依頼されて集会でスピーチをするようになったそうです。

 

なぜ家元制度を打倒したかった?

1981年の著書『修羅 家元制度打倒』に詳しいですが、当時の花柳流は名取2万人・門弟200万人を数える日本最大の流派で、お家騒動は幻舟さん以外の複数のグループによっても勃発していたそうです。

ただし、幻舟さんの過激な闘争は一般大衆には支持されず、「ならば花柳を名乗るな」「独立すれば良いのでは?」といった冷ややかな声が多かったようです。

 

なぜ「即位の礼」パレードで爆竹を投げた?

1991年に南青山の路上で天皇制を批判するビラを100枚ばら撒いた後、数十発の爆竹を投げて現行犯逮捕された理由についてですが、幻舟さんが当時抱いていた「家元制度の根源は天皇制にある」という思想によるものでした。

釈放後は右翼団体による報復を恐れて自宅には戻らず、7人いた同志の家などを転々としていたそうです。幻舟さんの身柄には裏で懸賞金がかけられていて、「片腕取ったら1千万円。命だったらいくらでも」というスローガンまであったそうです。

ただし、思想で結ばれていたと思っていた同志たちは、幻舟さんを匿うことに怖気付き、居留守など冷たく対応し、そのうち一人は賞金目当てに情報を売っていたようで、気配に気づき間一髪逃げてきたこともあったそうです。

その後は同志を頼ることなく放浪の旅に出ましたが、人目を避けるため東京から大阪まで徒歩で移動し、1ヶ月ほど滞在した西成地区では浮浪者の変装をして野宿をし、ホームレス向けの炊き出しにも並んだそうです。放浪生活は合わせて1年間に及んだとのことです。

 

2度の逮捕後の生き方はどのように変化した?

新たな人生観

同志の裏切りを経験して次のような新たな人生観が芽生えたようです。

『仕返しに彼らより長生きしてやろう』

ちなみに同世代の元同志のうち2人が、1994年に亡くなった幻舟さんの父親と同時期に亡くなっているようです。

 

少年犯罪・受刑者の待遇について

2005年には自身の服役経験を元に少年少女向けの刑法入門書『十四歳の死刑囚』を出版して、次のような主張をしています。

  • 厳罰化や刑罰低年齢化では少年凶悪犯罪は抑止できない。
  • いざというとき命がけで向き合ってくれる人がひとりいれば救われる。

また、刑務所や拘置所で病気にかかっても適切な治療を受けられず命を落としてしまう受刑者が多い問題にも触れています。

 

大学入学後の生き方はどのように変化した?

2004年の書籍『小学校中退、大学卒業』では、学歴コンプレックスの解消のための放送大学入学や司法試験合格を目指したエピソードが綴られています。

「新・学問のすすめ」というサブタイトルからもわかるように差別と闘ってきた幻舟さんの「学ぶこととは何か」「生きることとは何か」という人生観が綴られています。

この時期に久しぶりにテレビ出演した際には、まるで憑き物が取れたかのような穏やかな表情で学問への希望を語っていたのが印象的でした。

 

花柳幻舟の最後の言葉は?

公式ホームページのトピックスの最新号「二〇一九年 春遠し」に次の句があります。

大海に消えたかとみせかけ 音もなく浮かびあがる まぼろしの舟

 

まとめ

以上、芸能や闘争に明け暮れた前半生から学問に目覚めた後半生まで、険しい道を駆け抜けてきた反骨精神の塊・花柳幻舟さんの人生を振り返ってみました。