余りに衝撃的だったマトリ(麻薬取締部)のKAT-TUN元メンバー田口淳之介逮捕。

以前からウワサが絶えなかった「ジャニタレの薬物汚染」・・・これはジャニーズ帝国の「終わりの始まり」なのか?。

スポンサードリンク

芸能メディア関係者は「以前から知っていた」!?

引用:https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/…

「元KAT-TUNの田口淳之介(33)がマトリ(厚生労働省麻薬取締官)にしょっ引かれたらしいです。」昨日昼、芸能レポーターK氏の一本の電話が穏やかな午後のひと時を破った。

「田口の家の前で、Jさん(元大手芸能雑誌スキャンダル担当/芸能サイト主催)がジャニーズの関係者と話しているのを見ましたけど、何か掴んだのでしょうかね。」K氏は別の取材で飛ぶと断って電話を切った。

早速J氏の事務所へ電話したところ、案の定「捜査中」・・・だが、暫くしてJ氏の携帯が私を呼び出した。

「何?Kが俺を見たって・・・アイツ余計なことを(汗)。ジャニーズ関係者とは話してたよ・・・でも元職だけどね、昔キミに紹介した『アノ人』だよ。」

『アノ人』・・・それは、数年前までジャニーズ事務所の関連会社でトップを務め、Hey!Say!JUMP(HSJ)やKing&Princess(キンプリ)メンバーの、ジャニーズJrでの若かりし頃を知っていた現在フリーの芸能ライターA氏(アノ人なのでA氏(笑))。

【田口の家の前で取材してたらバッタリ会ってね(笑)。

で捕まえて『お前知ってたんだろ?』って問い詰めたら、最後までクビは縦にならなかったけど、振った話を否定しなかったので、要するに認めたって訳だな

田口がマトリにパクられた事で、赤坂(ジャニーズ事務所)の中で真っ青になってるジャニタレも少なくないだろう。

と言うか、以前から【ジャニタレ薬物汚染】はネタに上っていたので、田口がパクられたのは決して驚きでも何でもないんだ。

A氏と話してみるか?って言いたい所だけど、時期が時期だけに口は割らんだろう。

俺が間に入って話を聞いて中継してやるので、連絡を待ちな。】J氏はA氏への取材へ向かった。

J氏との電話が終わった直後、メディアが一斉に『田口淳之介逮捕』のテロップを流し始めた。

スポンサードリンク

Hey!Say!JUMP公演中止に飛び交う憶測

引用:https://twitter.com/hashtag/ジャニーズ公式

ところで先日Hey!Say!JUMP(以下HSJ)のアリーナツアー中止の記事をアップしたが、元大手芸能雑誌編集長で芸能サイト運営のV氏からの情報では、GW前に起きたメンバー間のトラブルが原因と言われていた。

がしかし・・・HSJツアー中止の真相を巡り、昨日夕方から一部タブロイドメディアが「【ジャニタレ薬物汚染】に関係あるんじゃねぇ?」と騒ぎ始めている。

昨夜V氏に真相を訪ねたところ、驚くべきネタを提供してくれた。

【HSJの件は、情報源は確かなのでガセではない。

しかし、その引き金がクスリだったと言えば否定は出来ないし、今回の田口の逮捕でますます怪しくなったと言わざるを得ない。

結束が固いジャニタレの中で、KAT-TUNは異質と言われてきた。

田口を始め赤西仁などのメンバーが次々脱退&退所し、一時活動を休止した経緯がある。

そうした脱退メンバーの中に、クスリ絡みで関わった名前が当局で早くから上がっており、警察当局やマトリがかなり早い時期から脱退メンバーのその後の足取りについてマークしていた事は良く知っている。

ジャニタレを巡っては、最近社長・東山紀之出身の「少年隊」の様に自然消滅した幸せな事例は少なく、すったもんだの末に辞めて行くケースが増えている。

ジャニーズ幹部側のすったもんだに巻き込まれ解散したSMAPを除いては、大なり小なり反社会的行為に手を染めていたと見てもおかしくはない。

そうした問題メンバーへの締め付けは、東山が社長になってから厳しくなったと言う・・・言い換えれば、ジャニー(喜多川)氏が社長時代だったころは「大甘」だったと見られてもおかしくないが。

田口は「捕まるべくして捕まった」と言えるが、話は田口だけではオシマイ何て事はなさそうな予感がする・・・そう赤坂に飛び火しそうな話も飛び込んできてるんだ。】

スポンサードリンク

赤坂ジャニーズ帝国が迎える「終わりの始まり」

ƒ

引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/…

そして今朝になって、J氏が元ジャニーズ関係者の「アノA氏」から証言を取って来てくれたのだ!。

【相当口は堅かったんだけどね。「幾つか間を挟むから身バレは心配ない」って説明して、ようやく話してくれたんだけど、ここまで来るのに長かったな。】

J氏は前置きしながら続ける。

いわゆる【ジャニタレ薬物汚染】は、ジャニーズ関係者には周知の事実だったそうで、逆にクスリをやらせた方が演技がキレるとか何とかで、半ば公然と黙認して使用させていたらしい。

Jr時代からのメンバーを含め、使用していたのは約10名ほどで、研修生だった頃の田口は使用していなかったとのこと。

だがKAT-TUNのメンバーからになってからの素性は、縁遠くなったので不明だったそうだが、ジャニーズ退所の決定的な理由となったのが、KAT-TUN現役時代に公演先の楽屋で葉っぱ(大麻)を吸った事がバレた事だ。

運悪く公共の施設だったため、あわや通報されかかったが、事務所が札束でひっぱたいて口止めしたと言う。

つまり、田口がジャニーズを退所する頃には、既に葉っぱ(大麻)の常習者になっていたと見てもおかしくない。

一緒にパクられた小嶺麗奈(38)も、恐らく葉っぱ(大麻)の常習者繋がりで田口と関係を持ったかもしれないな。

田代まさしの例の様に、〇E〇と薬は切っても切れない関係なので、そういう線から繋がったのなら、品性下劣と言わざるを得ない。】

そしてJ氏は、最後にこう結んでいる。

恐らく今後の調べで、警察当局とマトリは田口に【ジャニタレ薬物汚染】の全容をゲロらせようと、拷問同然の取り調べと司法取引を持ち掛けるだろう。

そういう事情もあって、のりピー(酒井法子)やピエール瀧同様メディアの目が届きにくい湾岸署へしょっ引いたんだろうな。

何より捜査当局の最終目標は、赤坂9丁目・・・そう『ジャニーズ帝国へのガサ入れ』だ。

『そうはさせまい』とジャニー(喜多川)氏や東山社長は、メディアの抑え込みに必死の様子だが、警察やマトリが赤坂9丁目に土足で踏み込む日は、決して遠くない。

そうなれば、長らく芸能界に君臨し続けたジャニーズ帝国は、いよいよ「終わりの始まり」を迎えることになる。】

まとめ

田口の逮捕で、遂に明らかになろうとする【ジャニタレ薬物汚染】。

果たして、赤坂9丁目ジャニーズ帝国要塞にマトリは踏み込むのか?はたまたNGT48の如くスルーされるのか?